DTIのVPSのCentOS5でPHPを5.1.6→5.3にアップするのに苦労

スポンサーリンク

本日ワードプレスのテーマを変えてみようといろいろ試していて、
DTIのVPSのServersmanのPHPがちょっと古くて5.2だったことに気が付きました。
適用しようとするテーマが5.3以上で、って書いてあったのですが、エイヤッとインストールすると、
なんとワードプレスが起動不能になりました・・・。これちょっと問題ですね・・・。

データそのものはmysqlにDBとして残っているはず。。。ということで思い切って削除して再びインストールしました。
結果、大丈夫でした。
DBさえあれば、新規インストールのワードプレスでも全部の記事が生き返ります。

でもなんとか5.3にしてテーマを適用しようと思ったのですが、
簡単にPHPをアップグレードできると思ったのですが、ちょっと甘かったです。

yum install php

としても5.1.6が最新だ、と出てしまいます。
5.3以上のインストール方法を探しても、なかなか出てきませんでした。
というのも既に5.3でも結構古く、いまはphp7の時代になっていました 汗
しかもCentOSは5・・・!サポート切れ 冷汗
それでも、当時アップグレードしたらしき方のメモを見つけ、

CentOS5.11にPHP5.6をインストール
http://www.maruweb.jp.net/wp/?p=2401

やってみるも・・・
なぜかインストールできず。
一度消せばいいのか?と

yum remove php

のあとインストールすると・・・なんと5.1.6に・・・。まさかのダウングレード 笑

こんなのも試してみました

yum install php53 php53-devel php53-common php53-mbstring php53-mysql

ところがエラーになってしまいます。依存関係が・・とかなんとか・・・。
そこで一旦落ち着くために散歩へ・・・笑

その後で一旦ターミナルを落として、

アンインストール

yum install php53 php53-devel php53-common php53-mbstring php53-mysql

で、何故か今度は入りました!ヤッター!!

これでなんとか5.3以上が必須のテーマも動きました。

ところでなんで5.6じゃないの?って思いますよね・・。ダメでした。
CentOS5が古いんじゃないかな・・・?

本当はPHP7だとかなり高速になったらしいので
PHP7にしたいのですが、これはCentOS6以上じゃないとダメです。
CentOS6にするには・・・VPSをいちど初期化しないとダメだそうです・・・えー。

とりあえずしばらくはこの環境で行くとしても、近いうちにOSをアップグレードしたほうが良さそうです。

でもいきなりフォーマットなんてできないので、ちょっと方法を考えようと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク