欲しかった、美しかったPC-8001

スポンサーリンク

X1を買ってもらったんだけど、実は他のほしいパソコンがあった。

それがこのPC-8001です。

こっちのほうが古いんですけど、レガシーならではの安心感がありました。
それと当時パソコンの書籍はPC-8001用が多かったんです。

そしてこの美しい形・・・。
これでCPUもベーシックも内蔵してるんですよ。
そういうふうに感じるのは、自分のところにあったのがX1だから何でしょうが・・。

今調べるとX1はハイスピードのテープレコーダーだったり、
PC側からドライブがフルコントロールだったり、むしろすごかったわけですが、

本と同じことがやりたかった w

つまり、

cload
ってやって、テープレコーダーを「がちゃ」ってやりたかったんです 笑

あと、音源がビープ音しかなかったんです。

それもまた魅力という 笑

ビープって
beep ・・・ ピッ!
beep 1 ・・・ ピーーーーー!
beep 0 ・・・ (無音・発音ストップ)
ってこれだけなんですが、
これを駆使して、ドレミを奏でる猛者が現れました。

う・・・うん確かにメロディーが聞こえる。。。!
というレベルではありましたが、X1の流麗なPSGよりも羨ましかった。

なんていうんでうすかね。ポンコツ感?表現難しいなあ。そういうのが楽しそうでした。

今じゃ考えられないですけど、ディスプレイがめちゃくちゃ高くて、
グリーンディスプレイ(緑しか発色できない)で我慢しているユーザーもたくさんいました。

そんな古いパソコンでもX1に完全に勝っている部分がありました。
それは同時キー入力ですね。
通常のベーシックのINKEY$(インキーダラー うわ、懐かしい響き 汗)では無理で
inpを使っていました。

PC-8001とX1では発売時期に開きがありましたが、
8色の発色(黒も含む)と640×200という解像度は同じでした。如何にPC-8001が完成されていたかがわかります。

あーそうそう。PC-8001は「STOP」キーだったんですよ。
(Basicのプログラムを停止させるときに押すキーです)

X1はこれがBreakになっていました。しかもshiftを押しながらじゃないとダメ。

STOPキーが良かったんですよねえ 笑

今なら買えますが・・・もう要らないです 汗汗

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク