DTIのVPSをリカバリしたい(1)

スポンサーリンク

DTIのVPSのServersmanはもう5年も使っているのですが、どうも調子が悪くなってきているような気がします。

エントリーコースですので、そもそもスペックが低いというのもあるかと思うのですが、
CentOSが当初のままの5(5.11)なんですよね。
もうサポートも切れていますし、公式からはダウンロードもできません。

PHP7も試したいですし、さくっとCentOS6にアップしたいところですが、
そのためには初期化せねばなりません。

初期化・・・いきなりやってしまうと色々困ることになりそうです。

radikoの録音環境

私のVPSはラジコ録音機と化しています 汗
環境の再構築自体は難しくないと思うのですが、いかんせん録音ファイルが・・・。
かなりディスクを圧迫しています。

録音している番組一例

  • 大竹まことのゴールデンラジオ
  • 伊集院光のらじおと
  • 伊集院光の深夜の馬鹿力
  • 槇原敬之のWho
  • perfumeのLocks(番組の一部だけど・・・)
  • おぎやはぎのメガネびいき
  • マナナマンのバナナムーン

などなど・・・
これを消しちゃうわけに生きません!

svn環境

開発ファイルなど結構重要なものがすべて入ってます。
今時はGitなのですが、やはり使い慣れたSVNのほうが安心だったり・・・。
どうせ一人でしか使わないので、大差ないでしょう。

というわけで、これも消せません!

webmin

アタックをうけてsshログインできなくなったときなどなにげに活躍してくれたWebminです。
これって・・・どこから持ってきたんだっけな・・・。
たしかあるバージョンから日本語化がなくなって、日本語化できる最新版にしてるんだった・・・。
これって復旧難しいかも。
RPMで入れたような・・・

rpmファイルの保存

というわけで、何かの際に必要になってダウンロードしたりしたrpmファイルを保管しとかないと!

iptable hosts.allow hosts.deny とかの設定

これ結構悩んだような。
こういう設定は保管しておかないと困ることに!

webサーバ

これは思い切ってnginxに移行したい。
そういえば、htaccessとかってnginxではどうするのかなあ・・・?

とまあ、結構色々心配です。
で、ちょっと思いついたのが、
こっちに同じような環境を作ってみる
ってことです。

つまり、VmwareでCentOS5をインストールして、ほぼ同じような環境を作れた段階で初期化する、
ということです。

これなら多少安心かも。
膨大な録音ファイルも光回線だから速いよね、きっと・・・

というわけでコピー環境を作っていこうと思っています。

では!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク