サーバー履歴(4 – VPSってなにそれ?スゴイ –

スポンサーリンク

DTIの新サービスServersManはいわゆる格安VPSでした。
月額500円。
VPSはサーバーの間借りである点はレンタルサーバーと同じなのですが、
仮想的に1台のマシンを借りるのと同じイメージだったのです。
ルートが取れるので、どんなアプリでもインストールできる・・・
マシンを壊してしまったら(物理的に壊したらダメだけど)フォーマットしてやり直すこともできる・・・。
なにこれ?!すごくない??!!とすぐ契約しました。

このVPS実は後に単なるラジコ録音機となってしまいます・・・。

残念ながら少し遅いです。
いまはセキュリティの面からTelnetと言うよりSSHですが、
やろうと思えばTelnetもいけます。平文送信でちょっと、え・・、な感じですが。

少し遅い、と書きましたが、使い物ならないくらい重い時もあります。
SSHでViでも遅いと感じるほどです。
そういうわけで、
なんでもできることはできますが、サーブレットなどはちょっと厳しい感じです。
あまりいまどきサーブレットが必要というわけではないですが・・・。

radikoの録音も最近良くコケるようになりました。
通信が途切れてしまう感じですかね・・・。やはりスペック不足でしょうか。

サクラのVPSのほうが定評があるようですが、さくらのほうが高いです。

DTI さくら
事務手数料 0 1,080
月額 467 685
メモリ 1GB 512MB
容量 50GB 20GB

スペックはさくらのほうが低く見えますが、
さくらのほうが安定しているのでしょうかね。

メールは送信サーバーだけ立ててありますが、
一時期全く操作が受け付けなくなっていると思ったら、スパムに狙われて送信キューがいっぱいになっていました 汗
この時SSHは全く受け付けなかったので、
インストールしてあったWebminからログインしてプロセスをkillしました。危なかったです^^;

ところがkillしてもkillしてもすぐに来るので、
最終的にはiptableで日本国内からのアクセス以外を完全に遮断しました。

なかなかおもしろいおもちゃではあるのですが、
月額500円だと、解約してさくらインターネットをもう一つ契約したほうがいいかなあ、とも思えてきました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク