ガンシューの傑作。タイムクライシス

スポンサーリンク

私はゲームが大好きだったので、
むしろ逆に、大学時代はゲーム断ち、をしていました。
一人暮らしでしたので、家にゲームを持ち込んでしまうと、ゲームばかりやってしまうと思ったんです。
(その結果テレビばかり見てましたが・・・笑)

衝撃的だったタイムクライシス

大学卒業間近に先輩たちと急速に仲が良くなり(遅 汗)
ゲームセンターに連れて行ってもらい、
そのときにかなり久しぶりにプレイしたゲームが「タイムクライシス」でした。
直感で面白そう、と思ったのですが、
直感は当たり、かなり面白いゲームだと思いました。
足元にペダルがあり、それを踏まないと隠れているので攻撃できない仕様です。
かなり画期的でした。

タイムクライシスがお家にやってきた?!

会社勤めをはじめて、自分でお金を稼いで、気兼ねなくゲームができるようになりました。
とは言え入社前のまだ給料をもらっていない段階で、入社祝いを使ってPS1を購入しました 笑
ゲーム断ち終了です。
しばらくすると、タイムクライシスがPS1にて発表になりました。
当時、CD-ROMが付いているPSの雑誌が出ており(雑誌名失念・・・)
その中にムービーが収録されていて、何度も繰り返し見た覚えがあります。
嬉しかった反面、なんか変だったので、不安だったのです。
ムービーは少し荒く、ギクシャクしていました。
でも、もう予約するしか無いじゃないですか 笑
発売日に手に入れてスタートさせたタイムクライシスはあの時ゲーセンで楽しんだものと遜色ないように見えました。
結局はあのムービーはエンコードに失敗していたのか、録画をコマの荒いビデオで撮ったのか、
品質が悪かっただけ、ということでした。

タイムクライシスの不満点

ムービーもサウンドも本当によくできていました。
家庭用ゲームもここまで来たんだ、と感動に値するレベルでした。
ところが、大きな不満がありました。。。

ブローバックしない

ということでした。
ブローバックというのは、銃がガシャンガシャンと動くことです。
ゲームセンターではよく故障していたりしました。
しかしこれがあるとナイトでは大違いなんです。
PS1用のガンコンはブローバック機能がついていませんでした。
ブローバックしなくてもいいので、振動だけでもつけてほしかったですね・・・。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク