RaspberryPiのバックアップをしなきゃ

スポンサーリンク

私のRaspberryPi2は2015年の11月から連続稼動しています。
既に1年半以上も動いているのですね。ほとんど電気もかからずかなり優秀ですね!

microSDカードでの運用ですから不安はあります。今のところノントラブルですが・・。

ラジコ録音やWordPressでバリバリに使っていますので急に壊れたら結構困ります・・・
なので、バックアップをしようと思います。

ちなみにuptimeの結果は思った結果じゃなかったです。再起動したんだっけかな・・?

$ uptime
 09:41:28 up 31 days, 10:55,  3 users,  load average: 0.07, 0.03, 0.00

バックアップ方法

一度シャットダウンしてmicroSDカードを取り出して
WindowsPCの方でバックアップするしか無いのかな・・・?と思っていました。

  • Win32DiskImager

Win32 Disk Imager プロジェクト日本語トップページ – SourceForge.JP
http://sourceforge.jp/projects/sfnet_win32diskimager/

SDカードの内容をimgファイルとしてバックアップできます。
このimgファイルを取っておけば、簡単に別のSDカードに環境をコピーできるのです。

しかしこの方法は電源を落とさねばなりません。
それに64GBもの容量になるとかなり時間がかかります。

それほどアクセスもないですけど、WordPressも運用してるのでそんなに止まるのは・・・。

起動させたままバックアップできる!

今はrpi-cloneというコマンドがあるようです。
これなら起動したままバックアップできるそうです!やってみたい!

インストール
コピーして設置するだけですね。

$ git clone https://github.com/billw2/rpi-clone.git
$ cd rpi-clone
$ sudo cp rpi-clone /usr/local/sbin

実行できるか確かめます

$ sudo rpi-clone

バックアップ先のSDカードはカードリーダに挿してUSBポートに差し込みます。

$ lsblk

このコマンドで、差し込んだSDカードのマウント名がわかります。メモします。

$ sudo rpi-clone [コピー先]

パーティションを作るけどいい?

Do you want to initialize the destination disk /dev/sdb? (yes/no): yes

ラベル名を聞かれるのでそのままEnter
Your booted /dev/mmcblk0p2 rootfs existing label:

You may enter a label for the destination rootfs /dev/sdb2:

実施するけどOK?

Final check, is it Ok to proceed with the clone (yes/no)?: yes

とまあこんな感じです。簡単そうですね!

実は次回実行時は上書きで行けるようで、時間短縮だそうです。

これは良さそうですね!

とりあえず発注したSDカード待ちです・・・。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク