Windows7(たぶん8も10も)を狭い領域でなんとか動かす方法(5

スポンサーリンク

ここまできたらもう少しです。

Windows Updateフォルダを移動

アップデートフォルダもかなり大きくなりますので、移動した方がいいです。

コマンドプロンプトを管理者権限で開きます。

サービスを止めます。
net stop wuauserv

エクスプローラからアップデートフォルダを移動します。
CドライブのWindowsフォルダの中の「SoftwareDistribution」がそれです。
これを切り取って、外付けドライブの方に貼り付けます。

次にシンボリックリンクを張ります。
mklink /d c:\Windows\SoftwareDistribution g:\SoftwareDistribution

これは、外付けがGドライブと仮定した場合です。

リンクを張ったらサービスを起動します。
net stop wuauserv

SoftwareDistribution フォルダは移動するのではなく、削除してしまって新たに作成するのでも大丈夫だと思います。

これで多分完了!

改めて再起動して、正常に起動してくれば成功です。

問題点としては、たまに外付けSSDが起動時にうまく認識されないコトアがありました。

でも、ようこそ画面でプロファイルがない、というエラーが出るだけなので、
その場で指し直すとあっさり起動できるとおもいます。

それでもだめな場合は、大抵はドライブ文字が変わってしまっています。
落ち着いてDiskpartコマンドで設定します。

うまく起動したらWindowsアップデートを実施します。

アップデートが終わったら再起動するのですが、移動したフォルダがどうなっているか確認した方がいいです。

実は自分の環境では、アップデートしたところUsersフォルダのリンクが消え、ふたたびCドライブに戻ってしまっていました。

こうなってしまったら落ち着いてインストーラブートからやり直すが吉です。

Windows7であれば、もうUsersフォルダのいちを変えるほどのアップデートはないとは思います。

以上でした!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク