SDカードの容量偽装の話

スポンサーリンク

SDカードの価格が上昇しています。
上昇して下落してきませんね。

以前は
16GB・・・約500円
32GB・・・約1000円
64GB・・・約2000円
くらいでした。

32GB・・・700円台
64GB・・・1700円台
まで行ったところで反発

今は
16GB・・・約1000円
32GB・・・約1700円
64GB・・・約2700円
みたいな感じです。倍に迫る感じですね。

SDカード(USBメモリも)は容量偽装品があるので注意!

実はSDカードというのは容量を偽装した偽物が結構あるのです。
以前はショッピングサイトにも普通にありましたが、今は減りました。
どこにあるかというとオークションです。怪しげなものが出品されています。

どういう偽装かといいますと、
本当は8GB程度のmicroSDを32GBとか64GBとかに偽装しているのです。
そういうことが簡単にできるソフトが有るのです。
いまはコンプライアンスがうるさい時代ですので、なかなか簡単には見つかりませんでしたが、英語圏まで検索すれば見つかるかも・・・・。ループモードとか言うのを何とかすると、、、ってことらしいです。

Qoo10の格安メモリ

格安メモリのアナウンスがQoo10というところから来ました。
なんとこのメモリ価格高騰中に32GBが844円だそうです。

http://list.qoo10.jp/gmkt.inc/Goods/Goods.aspx?goodscode=536534159

というか。
残念ながら、偽装確定のようです。

http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000121864/SortID=20996290/#20996290

でもQoo10のすべてが偽装というわけではなく

  • RF-web
  • fancy 工場直売

が偽装ということです。

長期保証か永久保証を選ぶ

とは言え、本物が安く売っていることもありますし、
せっかく本物が安く売っているのなら買いたいですよね・・・。
ちゃんとしてるものは、格安でも3年保証か永久保証がついています。
永久保証は個人的にちょっとやりすぎだと思っていますが、
1週間の初期不良しか認めないのはかなり怪しいです。
というのも、偽物では初めの方のセクタは使えたりするからです。

というわけで、保証がないものは安くてもやめておいたほうがいいと思います。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク