Hi8ProのWin10をリカバリ(色々訂正あり)

スポンサーリンク

検索すればヒットします。

Chuwi Hi8 Pro DualOS

Biosのアップデートやらアンドロイドのファーム更新 やら色々ありますが、
■Windows更新(Windows出荷状態に戻す)
というところを見ます。

本体裏のシリアル番号でダウンロードするものが違います。

PQ32G22160500000以前

PQ32G22160500001~PQ32G221607XXXXX

PQ64G22160800001以降

パスワードは「en.chuwi.com」でした。

rarファイルのダウンロードが済むと、解凍します。
なぜかまたzipで圧縮されていますので、再び解凍します。
この中身だけをUSBメモリにコピーします。
参考先だとフォーマットはFAT32と書いていますが、構成ファイルに4GB以上のファイルがあるのでエラーが出て不可能です。
exfatにすればコピーはできますが、ブートできないようです。
というわけでフォーマットはNTFS一択です。
USBメモリはこれらのファイルが入るほどあいていればよく、フォーマットする必要はありません。殆どの場合はNTFSじゃないと思うので結局フォーマットするハメになると思いますが・・・。ボリューム名を「WINPE」にしとかないとだめなようです。(本当かな?)

<DIR> Boot
<DIR> EFI
<DIR> images
<DIR> Scripts
<DIR> sources
bootmgr.efi
bootmgr

こんなふうにおけばOKです。
参考サイトにはBOOTEX.LOGと書いてますが、これは必要ありません。何なのかな?

ここまで準備ができたら、
電源を切ったHi8 Proに
TypeCーmicroUSB変換アダプタ→OTGケーブル→USBハブ


を繋いで、
USBハブにキーボードと先程のUSBメモリを指します。
USBメモリはmicroSDでも問題ありませんが、必ず別途カードリーダーに指してハブに指す必要があります。本体のカードリーダーではブートできません(なんでだよー^^;)

この状態から電源を入れて「F7」連打。

成功したらこんな画面が出ます。

このUEFI:~~を選択します。これが出なかったらUSBがうまく作れてません。例えばexfatではだめです。それは上述しましたけど。

リカバリはこんな小窓で進行します。
一切の操作は不要です。おわったら勝手に電源が切れます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク