[windows10]インターネットが繋がらなくなった時(3)

スポンサーリンク

「エラー1608 依存関係サービスまたは、グループを起動できませんでした。」の
エラーが発生した場合は、socket接続をリセットすることによって改善することがあります。

socket接続をリセットする

上記エラーが出てNetWork List Serviceが起動できない時に有効と思われるコマンドがあります。

> netsh winsock reset

スタックしてしまったTCP/IPの接続をリセットするもので、セキュリティソフトなどによって強制的に外部との通信が遮断された場合などにスタックしてしまって復旧しないTCP/IP接続をリセットすることで正常に利用することが出来るようにする、Windows特有のコマンドです。

ということです。

ただ、私の拝見したPCでは改善しませんでした。

問題のトラブルシューティング

ネットワークと共有センターに「問題のトラブルシューティング」があります。

これさえ実行すれば問題が解決する・・・と良いのですが。
残念ながらほとんど解決しません。

誰か解決した人がいるのなら教えてほしいくらいです・・・。

サービスの起動

「エラー1608 依存関係サービスまたは、グループを起動できませんでした。」のエラーの件がありましたが、
このエラーだと、依存関係サービスがいったい何なのかわかりません。

そこで、とりあえずすべてのサービスを起動してみます。

コルタナで

msconfig

と入力すると”システム構成”が出てくるので起動します。

サービスタブで「すべて有効」をクリックして、再起動します。

これで、見事にネット接続が可能となりました。

どのサービスがネット接続に必要か

ネット接続に最低限必要なサービスは以下の2つです。

  1. NetWork Store Interface Service
  2. DHCP Client

(もしかしたらDHCPはプライベートIPを固定にするなら不要かも)

NetWork Store Interface Serviceを起動すると、
「IPドライバーにアクセスできません。一般エラーです。」のエラーが
「転送に失敗しました。一般エラーです。」に変化します。DHCPを起動するとこれも治ります。

なお、以下は勝手に起動します。

  • RPC Endpoint Mapper
  • Group Policy client

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク