AmazonAPIが海外ドメインで使えなくなった模様

スポンサーリンク

AmazonAPIって仕様変更がホント多くってまいります。
しかも、サポートしないよ、ってスタンスなのがスゴイ。
謎仕様でうまく行かなくても、勝手にそっちでなんとかしてよ、ってスゴイ。まあ、お金取られるよりましだけど。

アソシエイト?

結構出るエラーメッセージなんだけどこれ。

<Code>AWS.InvalidAssociate</Code>
<Message>
Your AKIxxxxxxxxxxxxxxxx is not registered as an Amazon Associate. Please register as an associate at https://affiliate-program.amazon.com/gp/associates/join/landing/main.html.
</Message>
この
AWS.InvalidAssociate
とか
is not registered as an Amazon Associate. Please register as an associate
で検索するとすぐに色んなブログがヒットします。
アマゾンの公式がヒットしないのは苦笑いです。
で、その解決方法は・・・
PAAPIを取得したメールアドレスとAmazonAssociate(アフィリエイト)のメールアドレスを一緒にする
と言うものです。
ところがこの回答に私は納得できませんでした。

ていうか、同じだし・・・

メールアドレスを別にするなんて面倒なことはしていないのです。
なら、なぜダメか?
上の引用をよーく見ると分かるのですが、「com」になっています。

そうなんです。

どうも、海外のAWSにアクセスするにはアソシエイトIDをその国で申請しないとだめになったようです。

もしやと思い、
https://affiliate-program.amazon.com/gp/associates/join/landing/main.html
からアソシエイトIDの取得をしてみました。
(途中電話認証があります)
それで、取得してから10分ぐらいあとになってアクセスしてみると・・・・!
見事繋がった!
というわけで、ここ最近(2017/08)のことなのですけど
海外のAWSにつなぐには海外のアソシエイトに登録しないとダメ、
という仕様変更が行われたようです。
(ところが、古くからのアカウントを使っている方はこの限りではないようです。
 もしかしたら、単なる準備期間の可能性もありますが。。)
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク