Solarisの社員がクビ?!

スポンサーリンク

ちょっと驚きのニュースがはいってきました。

米オラクルがSolaris関連の従業員をほぼ全員レイオフしたのではないかと海外で報道されています。

レイオフって何じゃ?ってことですけど、「一時解雇」ということで、業績が好転するまで休んでね、ってことらしいです。再雇用が前提である部分がリストラとの違いです。業績が悪くなったからと言って解雇していたら技術が保てないので、アメリカではレイオフが一般的だそうです。その間の給料は少しは保証されるのかな?

かなり景気が悪いってことですね。好転することなどあるのか・・・?
Solarisといえば、サーバーOSとしてデフォルトでした。
UNIXといえばSolarisを指すぐらい・・・。

無料になったSolaris

たしかSolarisは7から無料でダウンロードできるようになったと思いました。
ちょうど勤め先でもSolarisを使い始めた頃で、SPARC版とX86版で違いはありましたが、
中古のPCをにインストールして操作方法を勉強したりしました。
結構硬派なOSでデスクトップが表示されたときは感動しました。
自宅でネットワーク接続まで成功し、それだけでかなり興奮していた覚えがあります 汗
今ではLinuxのドライバがWindows以上に強くなっているので、
デバイスが認識しないということはほとんどありません。そういう苦労はなくなってしまいました。
でも、この頃のSolarisって、ネットを繋げる、っていうところにすでに壁がありまして、
でもそれを何とかするのが面白かった。。。
それにしても、WindowsもMacも有料が当たり前でしたから、Solarisのような高価なOSが無料っていうのは衝撃的でしたね。

まだ無料!Solaris!!

さよなら・・・と思ったけど、ちょっと調べてみました。
いまのバージョンは11でした。ダウンロードできる!

Oracle Solarisダウンロード

記念にインストールしてみましょうかね。今時はVMですけど。
あまり使いみちが思いつかないですけど・・・。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク