ワードプレスのリストア後のドメイン変更

スポンサーリンク

mysqlのデータベース上のドメインを移行先のドメインに変更しないと正常に動作しません。
予め設定でドメインを変更すればいいのかもしれませんが、
突然ドメインが使えなくなったり、既に変更が可能ではない状態では困ってしまいます。

データベース上のデータをいじってドメインを変更する

CGIをダウンロードします。

こちら
Database Search and Replace Script in PHP

私がダウンロードしたのは
Search-Replace-DB-3-1-0-emaildownloads.zip
でした。
ダウンロードのリンクはサイトにはなくって、メールを登録すると
後からメールにダウンロードリンクが送られてくる形式です。
ちょっとスパムが心配ではありますが、私はメインのアドレスを書いちゃいました。もうめんどくさくて・・・。

これを解凍して、当該ワードプレスのフォルダの中に入れます。
それでWEBからアクセスするとこんな画面が出ます。

どういう仕組なのか、databaseの欄ははじめから入っていました。直下のフォルダだと設定を読み込むのかな??

  • name・・・データベース名
  • user・・・データベースのユーザー名
  • pass・・・データベースのパスワード
  • host・・・データベースのホスト名

ポート番号はデフォルトです。

重要なのは一番上のreplaceの部分です。
左側に元のドメイン、右側に新しいドメインを書きます。

私の場合は「ynko.ga」「res.azi2.com」と書きました。
regexは正規表現のオプションですが、とくに必要ないと思います。

actionの「update detail」を押してみます。何も変化がないように思います・・・

次に「dry run」を押します。

こんな風に対象が出てきます。
さらに「live run」をおします。

これで、うまく成功していれば、データベースの書き換えが完了します。

多分、新しいドメインでアクセスすればワードプレスのWEBページが表示されるはずです。

写真やプラグインやテーマ

データベースだけを復旧しても写真もプラグインもテーマも復活しません。
ファイルがない!、というエラーがたくさん出ます。
これを移行するには単にファイルを移せばいいだけです。

wp-contentのなかの

  • themes
  • plugins
  • uploads

をコピーするだけ。
はじめはコピーだけで認識されるのか不安でしたが、
管理はデータベースの中でやっているようなので、単にファイルを戻しただけで復活しました。
ちょっと自由度の低さを感じましたが、移行という意味ではやりやすいかもしれませんね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク