スピードアップのプラグイン

スポンサーリンク

ワードプレスのスピードアップ系のプラグインは結構たくさんあります。
そもそも効果があるのかどうかもよくわからないのですが、多少にでもスピードアップするのなら導入したいところです。

WP Minify

ミニファイです。
グーグルやヤフーのトップページのソースを見たことがあるでしょうか。
改行や空白が極力使われていない汚い(汚くみえる)ソースファイルです。
実はそのようにしたほうが少しレスポンスが高くなるのです。通信量が減るわけですから。
このプラグインはワードプレスの改行や空白を除去してくれます。特に設定もないので入れたほうが良いでしょう。

JetPack

以下のような説明文があります。

あらゆる WordPress サイトのセキュリティを確保し、トラフィックを増加し、読者の注目を集めることができます。

いろんなことが書いてあるのですけど

  • 画像の高速 CDN

とありますので、スピードアップにも貢献しているのでしょう。

MO Cache
WP File Cache

ワードプレスは基本英語で作られています。それを日本語化されたものを使っているのです。
そのために使っているのがmoファイルと呼ばれているもので、これをいちいち読み込むので遅くなってしまうというわけです。これをキャッシュしようというのがこのプラグインです。
動作させるためにはWP File Cacheも同時にインストールする必要があります。

WP Fastest Cache

結構たくさんの設定項目があります。無料で使える設定はすべてONで運用します。

  1. 動的WordPressブログから静的HTMLファイルを生成する
  2. 縮小HTML – ページのサイズを減らす
  3. Minify Css – CSSファイルのサイズを減らす
  4. Gzip圧縮を有効にする – サーバーから送信されるファイルのサイズを小さくして、ブラウザに転送する速度を上げます。
  5. ブラウザキャッシングを活用 – リピート訪問者のページ読み込み時間を短縮
  6. CSSを結合する – 複数のCSSリソースを1つに結合してHTTPラウンドトリップ数を減らす
  7. JSを結合する

WP Hyper Response

PHPのflush() 関数を使ってレスポンスを向上させているとのことです。
あまりにもPVが多いサイトの場合はホワイトアウトしてしまうとのこと・・・。

上記のようなプラグインを色々入れているのならなくても良いかもしれません。。。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク