アクアプラスのPIECEの今

スポンサーリンク

アクアプラスのPIECEと言うのは2001年にアクアプラスから発売された今で言うauduboyににた端末です。
arduboyのほうがかなり洗練されていますが、当時は結構話題になりました。
価格は9800円で開発ツール付き。今だとこれでも高いですが、当時は激安と言われていました。
今だとarduboyのほうが情報もたくさんあるし、画面も筐体も美しいのでわざわざ中古でこれを買う必要はないでしょう。
もう少し言うと、arduboyも少しマニア向けで、アンドロイドかiphoneのアプリを作ったほうがいいです。広告を貼ればお金を稼ぐことも出来ますしね。

PIECEの今

当時は割と盛り上がっていていろんなHPで自作ソフトを公開していました。
今調べてみると結構NotFoundになってしまっています。
HPはあっても、ソフトのダウンロードはリンク切れだったり・・・。

でもいまだに更新を続けているすごい方がいます。

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
2017年8月30日
P/ECE研究記録更新しました。「gcc33.exeがswitch~caseを無駄に大きなジャンプテーブルに展開する」

Windows10での開発環境の構築方法も書かれていて、私もセットアップしました。

ところが、このPIECEはとっても開発が難しいのです。今時のビジュアルな開発環境はないし、公式のチュートリアルもたった1回で終わる始末・・・。
シンプルライブラリというBasicのように扱えるライブラリもあると言えばあるのですが、
それでは大したことも出来ず・・・。

というか2017年10月現在公式も落ちているみたいですね。
この状況だと、アップデータもすでにダウンロードできなくなってるってことですね。

と思ったら一応生きているようです↓

12436288584_94d6bc46d2_b.jpg
アップデータなど

今残ってるのが奇跡みたいなものですけどね。
今のうちに落とせるものは落としておいたほうが良さそうですね。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク