[Windows10]fall creators update にてスリープ復帰が不可能になる不具合あり!

スポンサーリンク

ー2017/12/24追記ー
現在は、「22.20.16.4836」にて修正が行われているようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先程win10のfall creators updateを適用してみました。
かなり時間がかかり、さてと、新機能でも見てみようと思うと、自動スリープの設定のため、スリープしました。
即座にキーを叩いて復帰させたのですが・・・。

こんなふうになって復帰しません。

なんとなくハードウェアが壊れたっぽい、嫌な感じの画面です・・・。心臓が止まるよ・・・。

リセットしてみると、なんとか普通に起動。ほっと胸をなでおろして、試しにスリープ・復帰してみると・・・再現しました。

やられた!また、マイクロソフトの検証不足による不具合だ!

fall creators updateのスリープ復帰不可能不具合 回避方法

調べたらすぐ見つかりました。
一応メモ的に私も直し方を書いておきます。

デバイスマネージャーで、ディスプレイアダプターを開きます。

ドライバー、タブを開きます。

バージョンが「22.20.16.4749」これが癌バージョンです。

「ドライバーを元に戻す」が押せる状態であれば、それを押せば簡単です。

でも、グレーで押せない状態の場合は、ドライバーの更新、を押します。

下の「コンピューターを参照してドライバー ソフトウェアを検索」の部分をクリックします。

「コンピューター上の利用可能なドライバーの一覧から選択します」をクリックします。

このように一覧が出てくれればしめたものです。

22.20.16.4749
より一つ古い
21.20.16.4542
を選択しましょう!

これで、古いドライバがインストールされれば、スリープ復帰時の不具合は解消されます。

このように置き換えておけば、意図的に戻した、と認識されるので、再びこの4749に戻されることはないそうです。

21.20.16.4542が一覧にない時

古いバージョンのドライバがはいっていないこともあるかもしれません。

その場合には、マザーボードメーカーのサイトのドライバを探してください。
それをインストールすればOKです。

MS公式のドライバは「駄目」だそうですよ・・。

Windows10のアップデートは本当にひどいね

初期の頃は1609のディスク張り付き100%問題に苦しめられました。

なので、「またかよ」と言う印象です。

少し調べた感じだと10月の末頃にはすでに判明している不具合のようですので、もう半月以上放置されていることになります。ひどいですね・・・。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク