Debian8(jessie)でiptablesの設定

スポンサーリンク

CentOSのときは、

/etc/sysconfig/iptables

を編集して、

/etc/init.d/iptables start

で再起動することで、iptablesを設定することが出来ましたが、
どうやらDebianは勝手が違う用です。

まずはiptables-persistentをインストール

$ sudo aptitude -y install iptables-persistent

ダイアログが2回出るので、両方共YESです。

設定変更

ファイルは /etc/iptables/rules.v4 またはrules.v6 になります。
まずは/etc/iptables/rules.v4の内容を削除して、書き換えてしまいます。

*filter
# ループバックは許可する。
# ループバック以外の127.0.0.0/8への接続は拒否する。
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT ! -i lo -d 127.0.0.0/8 -j REJECT
# 確立済の外部から内部への接続を許可する
-A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
# 内部から外部への接続はすべて許可する
-A OUTPUT -j ACCEPT
# 外部から内部へのHTTP(80)とHTTPS(443)の接続を許可する
-A INPUT -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A INPUT -p tcp --dport 443 -j ACCEPT
# こんな風に追加します。これはWEBMINのポートです。
-A INPUT -p tcp --dport 10000 -j ACCEPT
# 外部から内部へのSSHの接続を許可する
# ポート番号は、/etc/ssh/sshd_config で設定したものと同じにする
-A INPUT -p tcp -m state --state NEW --dport 22 -j ACCEPT
# 外部から内部へのpingの接続を許可する
-A INPUT -p icmp -m icmp --icmp-type 8 -j ACCEPT
# log iptables denied calls (access via 'dmesg' command)
-A INPUT -m limit --limit 5/min -j LOG --log-prefix "iptables denied: " --log-level 7
# その他の接続を拒否する
-A INPUT -j REJECT
-A FORWARD -j REJECT
COMMIT

v6の方は使わないので、塞いでおきます。

/etc/iptables/rules.v6

*filter
:INPUT DROP [0:0]
:FORWARD DROP [0:0]
:OUTPUT DROP [0:0]
COMMIT

再起動・設定変更反映

$ sudo netfilter-persistent reload

これで設定が有効になります。

svnやftpのポートも同じように開けておきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク